遺品整理で心の整理もつけてくれると気づけば頼みやすい

判断能力があるうちに

財産管理契約を結ぶメリット

万が一判断能力が著しく劣ったりなくなったりした場合や亡くなってしまった場合に財産管理を管理者に依頼して適正に管理してもらうことが必要です。第三者に依頼して財産管理をしてもらうメリットは、任意後見が開始されるまでの期間を判断能力が低下していない状態でも財産を管理してもらうことができるということがあります。足が悪く自分で銀行に行くことができないというような理由でも財産管理契約を結ぶことができます。通帳を管理してもらい生活費の引き出しや各種支払いの代行をしてもらうことができます。

任意後見契約とセットで

現在多くの方が適切な財産の管理を考えたり対策をとらない状態でいます。そのために高額商品の契約をしてしまったり、亡くなられた後に財産をすべて把握することができないというトラブルが起こっています。そのために早めに財産管理について考える必要があります。介護保険制度のスタートと当時にスタートした成年後見制度ですがその中の任意後見契約は判断能力の低下がはじまらないとはじめることができないです。ですので体が不自由になったが判断能力があるという時点で財産管理契約と任意後見契約をセットにして契約書を取りまとめておく方法が便利となっています。万が一判断能力の低下がみられた場合には速やかに家庭裁判所に申し立てを行い、任意後見契約を開始することができます。