遺品整理で心の整理もつけてくれると気づけば頼みやすい

お墓のデザイン

墓石は材質大きさデザインどれを重視するか

生前に気に入った石で好きなお墓のデザインを選ぶことは、購入者にとっても納得が行く事であり、家族など周囲の人に関して墓石選びで悩む負担が掛からなくなります。生前にこんなお墓にして欲しいと申し出があった場合などは、遺族もそのとおりに行えますが故人となった人の希望が分からない場合は遺族となった人が選ぶこととなります。その場合、故人を偲び石の材質や石碑の大きさとスタイルなどを決めて行きます。墓石の価格の決め手となるのが石碑となる石の種類によります。また、石碑の大きさと石にデザインを施した場合でも価格が変わります。高価な石とほぼ同等の材質と美観を持ち安価なものもありますので、石選びを充分に行うと予算内で理想のお墓ができると言えます。

既存セットになった価格が比較し易い

お墓の多様化に伴い、様々なデザインのお墓が販売されています。価格を見ると、従来の長方形の石碑と大差のないということがわかります。墓石に文字を彫るタイプの他に表面に文字を貼り付け浮き立たせる技法なども見られます。石についても光沢のある黒い石やピンクの石にも人気が集まっています。黒く光沢のある庵治石(あじいし)は高級品の1つです。デザインを施したい場合、特別注文であれば価格も表示されているものより上回ります。予算を立てる場合、墓石屋さんのホームページなどには既成デザインの墓石が納骨室とセットになったものを紹介しているものが出ています。数社で比較がし易いため、特別注文による価格の目安も立てやすくなるでしょう。